Lotus japonicus Image  
 
 Japanese | English
    
    Home
    
    Experimental strain
   
   
   
   
 
   Wild accessions
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   LjMG RI lines
   
   
   
   
   
   
   
 
   Mutant lines
   
   
   
   
   
   
   
 
   M.loti STM mutant
   
   
 
   表現型評価方法
 
 
   
 
 
   
 
 
      Last Update:
 2017.9.1
       

 LjMG RILines について
 

•組換え自殖系統について

 組換え自殖系統 (RILs ; Recombinant inbred lines) は純系間の交配 F2 について自殖によるgenotype の固定を行うことにより、 種子による純系統間のマッピング集団を恒久的に維持する系統である。 様々な両親間のゲノムの組み換えが保存されているため遺伝子クローンのマッピング等、ゲノム解析における強力なツールである。 また、RILs に内在する形質変異の遺伝解析については、系統による形質評価と反復実験が可能であるので、 形質評価の精度を高めることができる。

•「 LjMG RILines 」について

「 LjMG RILines 」は Miyakojima MG-20 と Gifu B- 129 間の RILs である。 このRILs は新潟大学の川口から分与された Miyakojima MG-20 × Gifu B -129 の F2 種子をもとに (財)かずさDNA 研究所 (http://www.kazusa.or.jp/) で作成されたもので、自殖を8回行って固定した系統群である。 2004 年に全 205 ラインの作成が完了した。

「 LjMG RILines 」の両親となった Miyakojima MG-20 と Gifu B-129 は現在ミヤコグサで最も広く用いられている実験系統である1-2) 。 Miyakojima MG-20 は川口が 南西諸島 の宮古島で収集を行ったアクセションについて7回の自殖を行い確立した系統で、世代期間が非常に短い特性をもつ3 ) 。 一方、 Gifu B-129 はミヤコグサにおいて最初に確立された実験系統であり、京都大学の平吉功が岐阜県で収集したアクセションの譲渡を受け、 Grant らが Gifu B-129 とアクセション番号を付与し 4) 、 Stougaard らが9回の自殖を行って確立した系統である5)

かずさ DNA 研究所では全ゲノムをカバーする SSR マーカーにより各ラインの Genotyping も行っており、本データベース上で Genotype データからのラインの検索も可能である。  また、宮崎県宮崎市 ( 北緯 31 度、東経 131 度 ) および北海道札幌市 ( 北緯 43N 度、東経 141 度 ) で評価した形態データから系統の検索を行うことができる。

 

 

1) 川口正代司、 原田久也、河内宏、中村保一、田畑哲之( 2002 )モデルマメ科植物:ミヤコグサ.蛋白質 核酸 酵素 47(12);1482-1487

2) 川口正代司( 2001 )ミヤコグサのゲノムと分子遺伝解析.植物の生長調節 36(1):11-23 .

3)Kawaguchi 、 M. (2000) Nodule Organogenesis in Lotus japonicus . J. Plant Res. 113:507-509.

4)Grant 、 W. F. et al. The cytogenetics of Lotus . I. Embryo-cultured interspecific diploid hybrids closely related to Lotus corniculatus L. (1962) Can. J. Genet. Cytol. 4:105.

5)Stougaard 、 J. and Beuselink 、 P. R. (1996) Registration of GIFU B-129-S9 Lotus japonicus germplasm. Crop Sci. 36:476

 
ナショナルバイオリソースプロジェクト 連絡先:宮崎大学農学部
NBRP ミヤコグサ・ダイズ 中核機関
〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1
E-mail:
Copyright © 2009 NBRP-Lotus / Glycine. All rights reserved.