Lotus japonicus Image  
 
 Japanese | English
    
    Home
    
    Experimental strain
   
   
   
   
 
   Wild accessions
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   LjMG RI lines
   
   
   
   
   
   
   
 
   Mutant lines
   
   
   
   
   
   
   
 
   M.loti STM mutant
   
   
 
   表現型評価方法
 
 
   
 
 
   
 
 
      Last Update:
 2017.9.1
       

 表現型の評価方法
 
表現型の評価方法
 
各系統の表現型の評価は宮崎大学農学部(宮崎県宮崎市)および(独)農業・生物系特定産業技術機構 北海道農業研究センター(北海道札幌市)で行った。
 
栽培方法
 
・北海道農業研究センター
 
2004 年 5 月 10 日に水苔ピートモス(ジフィーセブン・サカタのタネ)に播種、温室内で育苗を行った後 、 6 月 17 日に圃場へ移植した。栽植密度は株間 30cm 、畦幅 50cm である。各系統について 1 区 5 個体 ずつ供試し、 4 反復とした。区の配置は乱塊法である。
 
・宮崎大学
 
北海道農業研究センターと同様に行った。なお、播種は 2004 年 5 月 21 日に行い、 6 月 30 日に圃場へ 定植した。
 
 評価基準
 
植物体の写真は 2004 年 7 月 21 ~ 23 日に北海道農業研究センターで行った。
 
種子の写真はデジタルマイクロスコープ(キーエンス)を用いて倍率 50 倍で撮影した。なお、写真中のバー は 1mm を示している。
 
 表現型閲覧(Wild accession)
 
 表現型閲覧(RI lines)
 
ナショナルバイオリソースプロジェクト 連絡先:宮崎大学農学部
NBRP ミヤコグサ・ダイズ 中核機関
〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1
E-mail:
Copyright © 2009 NBRP-Lotus / Glycine. All rights reserved.