Lotus japonicus Image  
 
 Japanese | English
    
    Home
    
    Experimental strain
   
   
   
   
 
   Wild accessions
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   LjMG RI lines
   
   
   
   
   
   
   
 
   Mutant lines
   
   
   
   
   
   
   
 
   M.loti STM mutant
   
   
 
   表現型評価方法
 
 
   
 
 
   
 
 
      Last Update:
 2017.9.1
       

 Mesorhyzobium loti STM mutant について>
 

  本リソースは、かずさDNA研究所から寄託されたものであり、ミヤコグサ根粒菌(Mesorhizobium loti strain MAFF303099)のゲノム上にTn5-mini transposonを挿入し作製した変異株集団です。変異の導入にはSignature-Tagged Mutagenesis(STM)を用い、21 bpのタグ配列で標識したTn5-mini transposon(27種類)を挿入したミュータントライブラリーを構築しました。詳細は下記論文をご参照ください。

  なお、本リソースは遺伝子組換え体となりますので、依頼者の所属機関の組換え実験承認書の写しを提出いただく必要があります。あらかじめ組換え実験の承認を得てから分譲申込みを行ってください。

Shimoda Y et al. (2008) Construction of signature-tagged mutant library in Mesorhizobium loti as a powerful tool for functional genomics. DNA Research 15 (5) 297-308


 
ナショナルバイオリソースプロジェクト 連絡先:宮崎大学農学部
NBRP ミヤコグサ・ダイズ 中核機関
〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1
E-mail:
Copyright © 2009 NBRP-Lotus / Glycine. All rights reserved.