Lotus japonicus Image  
 
 Japanese | English
    
    Home
    
    Experimental strain
   
   
   
   
 
   Wild accessions
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   LjMG RI lines
   
   
   
   
   
   
   
 
   Mutant lines
   
   
   
   
   
   
   
 
   M.loti STM mutant
   
   
 
   表現型評価方法
 
 
   
 
 
   
 
 
      Last Update:
 2017.9.1
       

 Mutant lines スクリーニングの方法
  植物材料
 
  • Lotus japonicus MG-20 (Miyakojima)

  EMS処理
 
  • 紙ヤスリで種子表面を擦り吸水後の種子を 0.4% (v/v) EMS 溶液に浸して、over night 処理。その後、半日ほど水道水で種子を洗浄してから播種。

  栽培条件
 
  • 23℃16時間日長。
  • 突然変異体選抜後、5cm 径ポットに移植し、アラシステム (コスモバイオ) を用いて育成。土はパワーソイルとバーミキュライトを混ぜて使用。

  系統作成
 
  • 約 3,000のM1個体から系統法(M1個体から個別に M2 種子を収穫)によりM2種子を収穫。

  使用した培地
 
  • 1/2 Okada and Shimura培地 (1.5% agar を含む)。OS 培地組成は Aust J Plant Physiol 1992:19, 439-448 参照。
  • ゴールデンピートバン(サカタのタネ)

  表現型の観察と後代検定
 
  • M2 系統を展開し、表現型を観察し、表現型の認められた系統を定植して M3 系統を得た。M3 系統について、後代検定を行い、M2 と同じ表現型が出現するかを調査し、同じ表現型が出現する系統を突然変異体系統とみなした。
  • 突然変異体系統は、ホモライン、もしくはヘテロラインとして確立した。
  • データベースはM2系統の番号を示した。
  • 1つのM2系統から複数の表現型がライン化されている場合は系統番号の後にa・bと付けて示した。

  寒天培地を用いたスクリーニング
 
  • 播種後、2 週間程度が経過した後(本葉第 1 葉展開時)に根・根毛の形態を中心に調べた。肉眼と実態顕微鏡により観察を行った。
  • 各系統最大 21 粒を使用した。

  ゴールデンピートバンを用いたスクリーニング
 
  • 播種後、2 週間が経過した後(本葉第2-3葉展開時)に地上部の形態を調べた。肉眼により観察を行った。
  • 各系統最大 30 粒を使用した。

  アダルトの表現型観察
 
  • ピートバン・寒天培地を用いて観察した植物体を1?3個体移植し、播種後2?3ヶ月が経過した段階で更に観察を行った。
  • 表現型に異常の認められた系統について出現頻度と共に形態写真を示した。

  植物の育成方法はミヤコグサホームページ ミヤコグサ実験マニュアルを参照してください。

 
  寒天培地上でのスクリーニング

 
  ゴールデンピートバン上でのスクリーニング

 
  アラシステムを用いた温室内での栽培
 
ナショナルバイオリソースプロジェクト 連絡先:宮崎大学農学部
NBRP ミヤコグサ・ダイズ 中核機関
〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1
E-mail:
Copyright © 2009 NBRP-Lotus / Glycine. All rights reserved.