Lotus japonicus Image  
 
 Japanese | English
    
    Home
    
    Experimental strain
   
   
   
   
 
   Wild accessions
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   LjMG RI lines
   
   
   
   
   
   
   
 
   Mutant lines
   
   
   
   
   
   
   
 
   M.loti STM mutant
   
   
 
   表現型評価方法
 
 
   
 
 
   
 
 
      Last Update:
 2017.9.1
       

 Experimental Strain について
 

Gifu B-129 は、ミヤコグサにおいて最初に固定された実験系統であり、京都大学の平吉功博士が岐阜県で収集した国内野生系統である。 カナダのGrant博士らは、この系統をGifu B-129 としてアクセション番号を付与し保存した。 その後、デンマークのStougaard 博士らが9回の自殖交配を行い、実験系統として利用されるようになった。 また、Miyakojima MG-20 は、東京大学の川口博士が南西諸島の宮古島で収集し、7回の自殖交配により固定した。 MG-20は、早咲きで世代期間が非常に短い特性を持っている。さらに、Lotus burttii B-303 は、Grant博士らがパキスタンのペシャワール近郊で収集し、 川口博士らが9回の自殖を行って固定した系統であり、世代期間が短く耐裂莢性が高い特徴をもつ。




 
 Experimental Strain 系統リスト
 
系統名 採取者 開発者 寄託者 分譲量 分譲
L. burttii B-303 William F Grant 川口正代司 William F Grant / 川口正代司 0.5 g
Gifu B-129 平吉 功 Jens Stougaard William F Grant / Jens Stougaard 0.5 g
Miyakojima MG-20 川口 正代司 川口 正代司 川口 正代司 1.0 g
 
    諸特性
    形態的特性
    写真
 
 
ナショナルバイオリソースプロジェクト 連絡先:宮崎大学農学部
NBRP ミヤコグサ・ダイズ 中核機関
〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1
E-mail:
Copyright © 2009 NBRP-Lotus / Glycine. All rights reserved.