Lotus japonicus Image  
 
 Japanese | English
    
    Home
    
    Experimental strain
   
   
   
   
 
   Wild accessions
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   LjMG RI lines
   
   
   
   
   
   
   
 
   Mutant lines
   
   
   
   
   
   
   
 
   M.loti STM mutant
   
   
 
   表現型評価方法
 
 
   
 
 
   
 
 
      Last Update:
 2017.9.1
       

 Experimental Strain 諸特性リスト
・Experimental Strain について

諸特性比較 L. burttii B-303 Gifu B-129 Miyakojima MG-20
分譲可 分譲可 分譲可
原産地 パキスタン ペシャワール カブール川河岸 岐阜県 沖縄県宮古島東平安崎
採取者 William F Grant 平吉 功 川口 正代司
自殖系統の確立 Kawaguchi et al., DNA Res. (2005) Stougaard et al., Crop Sci. (1996) Kawaguchi, J. Plant Res. (2000)
ゲノムサイズ Gifuと同様
Kawaguchi et al., DNA Res. (2005)
442 Mb:
Ito et al., J. Plant Res. (2000)
471 Mb:
Ito et al., J. Plant Res. (2000)

494 Mb:
Kawasaki et al., J. Plant Res. (2000)
512 Mb:
Kawasaki et al., J. Plant Res. (2000)
染色体数 2n=12 2n=12 2n=12
染色体構造 第1染色体長腕において逆位
Kawaguchi et al., DNA Res. (2005)
(Gifuを基準とする)
第1染色体短腕北端が第2染色体長腕南端に転座
Hayashi et al., DNA Res. (2001)
開花期 35~50日 2ヶ月 35~50日
世代期間 2~3ヶ月 3~4ヶ月 2~3ヶ月
多型率 13%(AFLP解析) (Gifuを基準とする) 4.5~6%(AFLP解析)
形質 アントシアニン 茎および花柄に少量の蓄積 茎および花柄に蓄積 蓄積無し
種皮色 薄緑褐色 褐色 黒褐色
トライコーム 少ない 多い(がく筒周りが顕著) 非常に少ない
開花 蛍光灯下で開花が容易 蛍光灯下で開花が困難 蛍光灯下で開花が容易
花色 薄黄色で成熟につれてピンク色を呈する(蕾の先端はピンク) 黄色、ベインが鮮明 黄色、ベインが薄い
その他 葉が細く匍匐型
耐裂莢性が高い


葉緑体ゲノム 150,519 bp
EST解析 根粒 つぼみ 発芽2週間目の実生、豆果(かずさDNA研究所)
TACライブラリ 平均インサートサイズ 100 kb(かずさDNA研究所)
BACライブラリ 平均インサートサイズ100kb(かずさDNA研究所)
GC含量 約40%
形質転換

A.tumefaciensによる胚軸感染
A.rhizogenesによる胚軸、根感染法
in planta法
A.tumefaciensによる胚軸感染
A.rhizogenesによる胚軸、根感染法
遺伝子タギング
Acトランスポゾンによるタギング
T-DNAによるタギング

プロモータトラップタギング 毛状根におけるトラップタギング
遺伝子ターゲッティング 相同組換え頻度は5.3×10-5以下
共生微生物 ミヤコグサ根粒菌Mesorhizobium loti
アーバスキュラー菌根菌 Glomus, Gigaspora 等
ミヤコグサ根粒菌Mesorhizobium loti
アーバスキュラー菌根菌 Glomus, Gigaspora 等
ミヤコグサ根粒菌Mesorhizobium loti
アーバスキュラー菌根菌 Glomus, Gigaspora 等
1セットあたり提供量 0.5 g 0.5 g 1.0 g
分譲依頼 分譲可 分譲可 分譲可
 
ナショナルバイオリソースプロジェクト 連絡先:宮崎大学農学部
NBRP ミヤコグサ・ダイズ 中核機関
〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1
E-mail:
Copyright © 2009 NBRP-Lotus / Glycine. All rights reserved.