Glycine max / soja Image  
Cultivar Wild accessions RI lines RI lines(MxS) Mutants Edamame   寄託/分譲    
Japanese | English
 
 
 
 Wild accessions
 RI lines
 RI(MxS) lines
 
 Legume Base




Last Update:
 July 12, 2017
version 3.2.0
Mutants
 脂肪酸突然変異系統について
  ダイズ脂肪酸突然変異系統は、Bay種子にX-線を照射して作成した変異集団(M2からM4世代)より、種子中の総脂肪酸組成にもとづいて選抜されたものである。 (ただしMS382については、M5系統にX-線を再照射して得られた二重突然変異体である)
これらの系統の脂肪酸組成に関与する突然変異遺伝子については、数世代の自殖によりホモ化していることが確認されている。


1) Takagi, Y., Rahman, S.M., Anai, T., 1998: CONSTRUCTION OF NOVEL FATTY ACID COMPOSITION IN SOYBEAN OIL BY INDUCED MUTATION. GAMMA FIELD SYMPOSIA (37), 17-28. (Review)

2) Anai, T., Yamada, T., Kinoshita, T., Rahman, S. M., &Takagi, Y., 2005: Identification of corresponding genes for three low-alpha-linolenic acid mutants and elucidation of their contribution to fatty acid biosynthesis in soybean seed. Plant Science (168) 1615-1623.

3) 高木胖 &穴井豊昭, 2006: 新規の脂肪酸組成を持つダイズ油の突然変異による改良. オレオサイエンス (6) 195-203. (Japanese Review)


 Contents
  • 脂肪酸変異体 全件リスト 21件
  • 共生変異体 全件リスト 4件
  • 花色変異体 全件リスト 3件
 
ナショナルバイオリソースプロジェクト 連絡先:宮崎大学農学部
NBRP ミヤコグサ・ダイズ 中核機関
〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1
E-mail :
Copyright © 2009 NBRP-Lotus / Glycine. All rights reserved.