Glycine max / soja Image  
Cultivar Wild accessions RI lines RI lines(MxS) Mutants Edamame   寄託/分譲    
Japanese | English
 
 
 
 Wild accessions
 RI lines
 RI(MxS) lines
 
 Legume Base




Last Update:
 June 13, 2016
version 3.1.16
Glycine max / soja
 Glycine max / soja について
  ダイズ(Glycine max)は、種子に約35%のタンパク質と20%の油脂を含み、また機能性物質として知られるイソフラボンやサポニンなどの二次代謝産物に富む栄養価の優れた作物です。ダイズは東アジアで野生型であるツルマメから起源したと考えられ、日本を含む東アジアには栽培から野生にかけて豊かな遺伝的変異が存在します。
NBRP(ナショナルバイオリソースプロジェクト) Legume Base ではリソースの提供を通した研究のサポートを目的にダイズ系統の配布を行っています。

本データベース< Glycine max Database > において、配布系統の特性データを検索することにより、研究目的にあった系統を選択することができます。
現在、データベースで取り扱っている系統は以下の通りです。


 Contents
  • Cultivar   265件
       • Wild accessions ( 国内野生系統 ) 715件
  • RI lines ( ミスズダイズと秣食豆公503の組換え自殖系統 ) 164件
  • RI(MxS) lines ( TK780とB01167の組換え自殖系統 ) 96件
  • Mutants   21件
  • Edamame   39件
  • ダイズ完全長cDNA   37,890件


 What's New ... 詳細
         2012年7月
  •  Wild accessionsにリサーチセットを追加しました。
 
         2012年3月
  •  Wild accessionsを更新しました。
 
         2011年1月
  •  RI linesの遺伝子型情報を更新しました。
 
         2008年12月
  •  ダイズ完全長cDNAを追加しました。
 
         2008年1月
  •  Cultivar情報を追加しました。
 
         2006年12月
  •  RILs(MxS)情報を追加しました。
 
         2006年12月
  •  Edamame情報を追加しました。
 
         2006年6月
  •  Mutants情報を追加しました。
 
         2006年3月
  •  RILs情報を追加しました。
 
         2005年6月
  •  Strain ListにLegumeBaseへの分譲依頼リンクを追加しました。
 
         2005年4月
  •  ページデザインを更新しました。
 

 
ナショナルバイオリソースプロジェクト 連絡先:宮崎大学農学部
NBRP ミヤコグサ・ダイズ 中核機関
〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1
E-mail :
Copyright © 2009 NBRP-Lotus / Glycine. All rights reserved.